肩こりのメカニズムと枕の選び方について

「肩こり」の原因は?対処方法は?

日頃が意識していないかもしれませんが、私たちの頭の重さは平均で5~6キロあります。

いきなり5~6キロって言われてもピンとこないですよね、例えばスーパーなどで売っている5キロのお米を持ってみると、意外に重さを感じるのではないでしょうか。

そんな重い頭を支えているのが、肩と首です。

欧米に比べて私たち日本人は、頭の大きさに比例して肩や首の筋肉や骨格が小さいので肩こりを起こしやすいと考えれています。

厚生労働省が発表している『国民生活基礎調査(平成28年)』では、私たちが日常生活で自覚している悩みの中でのランキングが、女性は肩こりが1位、男性でも2位となっているほどです。

こういったデータから見てもわかるように肩こりは日本人の宿敵というか切っても切れない痛みの症状です。
特に、40代からの中年と言われる年代になると徐々に骨や筋肉が弱くなるので注意が必要です。

たかが肩こりでしょ?と思っていてもやがてコリに変化してどんなことをするにも辛いといった状態になりかねません。

肩こりの中でも、種類はたくさんあって人によっ状態は様々です。

その中でも、特に多いのが、「運動不足」「ストレス」「同じ姿勢」「眼精疲労」で肩こりのトップ4の原因とされています。

ここ最近では、肩こりと血圧の関連も注目されていて、本来は低血圧の方の方が肩こりは多いとされていたのですが反対に高血圧の方も例外ではないことがわかってきました。

肩こりの原因によっては処置や予防も違ってきますので、自分の肩こりの特徴や原因をよく調べて嫌な肩こりから脱却しましょう!

寝る時に枕はあったほうがいい?無くても大丈夫?

枕を使わなくても「私寝れるから大丈夫!」と言っている方も少なくないと思います。
しかし、枕を使わないで睡眠をするのは、あまりおすすめできません。

なぜ、寝るときに枕を使用したほうがいいのかその理由を解説します。

人の骨格はS字になっているため、枕を使わずに寝た場合、寝姿勢が崩れてしまいます。

その為、寝ているときでもS字を保持していることが理想なので、枕を使わずに寝てしまうとS字が保てず首や肩を痛めてしまいます。

なので、頚椎を安定させるために首と床の隙間を埋める必要がありますよね、これが寝ているときに枕が必要な理由です。