【寝姿勢別】枕が合っているか確認する方法とは?

質の良い睡眠をとるためには、自分に合った枕を選ぶことが大切です。

しかし、購入する時は価格やデザインだけで選んでいる方も少ないないはず。

夜中に目が覚める、寝つきが悪いなどの睡眠に関する悩みを抱えている方は今使っている枕が体に合っていないかもしれません。

そこで本記事では枕が自分に合っているかを確かめるためのポイントを簡単に紹介します。

本当の枕の使い方とは?

寝る前はホテルのようにしっかりベットメイキングして就寝しても、朝起きると枕をしていなかったり、枕がベットから落ちてしまていることはありませんか?

「それは、ただ単に寝相が悪い」

だけでは済まされない重要なことだったりします。

その原因として考えられるのは、合っていない枕を使っていることが考えられます。

ヒトは、昼間に使った体のいがみやひずみを寝ている間に無意識に調整しようとして何回も寝返りを繰り返しているために起こります。

枕の基本的な使い方というのは、枕に頭と肩が触れている状態にすることが基本となります。

枕を浅く使っている方は以外に多く、それが当たり前だと思っていたり長年のくせになってしまっている方もいます。

首との間に隙間がある人は・・

首の付け根とさなかがベットについていない時は、枕の高さがあっていない場合があります。

これが、横向きでも仰向けのときでも同じことが言えます。

本人では間が空いているかどうか確認することは難しいので他の人や店員さんに診てもらうのがいいでしょう。

首元とベットとの間にすきまが感じられる場合は、枕が高い可能性があります。

高すぎると、肩こりやいびきの原因になってしまうので自分に合った枕を使用することが重要です。

朝起きると枕をしていない人は・・

朝起きて枕をしていない場合は、枕の硬さや高さがあっていない場合が考えられます。

枕の硬さや高さがあっていない枕を使うと、自然な寝返りができなかったり、首に余計な負担がかかってしまうので無意識なうちに枕を外してしまうこともあります。

こんな時は、枕を変えることをおススメします。

寝姿勢で見る枕の適正な高さの見分け方

人によって仰向けの方が寝やすいとか横向きじゃないと寝付けないなど寝姿勢は様々です。

ここでは、仰向けの場合の枕の適正な高さと横向きの場合の適正な高さをご紹介します。

仰向けの場合

仰向けで寝る方の場合は、目線を真っ直ぐに天井に向けます。垂直よりもわずか下に目線が行っていれば適正な枕の高さです。

これができてくると顎が自然な角度で保たれているので呼吸をしやすく、いびきの解消にもつながります。

最初は目線を変に意識して分かりにくいかもしれませんが、慣れてくると徐々にわかってきます。

横向けの場合

首の骨や背筋が床と平行に真っ直ぐなっていれば、枕の高さが適正です。

これは、なかなか一人では確認しにくいので家族や友達に横から見てもらうといいでしょう。

まとめ

健康の第一歩は、良質な睡眠から始まります。

自分に合った枕を探すのはとっても重要になってきます。仰向けに寝る方横向けでないと眠れない方、枕選びについてご紹介しましたのでこれからの良質な睡眠を得るための参考になれば幸いです。