横を向いて寝ると睡眠の質が向上する?調査して分かった3つの真実

夜なかなか寝付けない、夜中に起きて朝まで寝れない、そういった睡眠に悩んでいる方は多いと思います。

そんな中、横を向いて寝ると実は一番熟睡できるといわれているのを知っていますか?

どうして熟睡できるのか?横向きで寝るとどんな効果が期待できるのかをご紹介していきます。

横向き寝のメリットその1  いびきの軽減

寝ている時にいびきをかいている人は多いと思います。

いびきは、家族や周りの人に与える嫌な存在不以上に、自分の体にとって良いことではありません。

どうしていびきが体に良くないかというと、いびきをかくということは、酸素を吸えていない状態なので脳が酸欠状態になるからです。いわゆる無呼吸症候群ですね。

脳に酸素が行き渡らないと、眠りが浅くなったり、睡眠の質も低下してしまいます。

寝ている時に呼吸をしない、「睡眠時無呼吸症候群」にもなりかねないので、いびきを放っておくのはあまりよろしくありません。

いびきをかく最もおおきな原因は、寝ている間に舌や脂肪で気道をふさいでしまったり、枕の高さが高くて気道を防ぐためといわれています。

それは、仰向けでねるとそういった現象が起きやすくなりますが、横向きで寝ると気道がふさがれるのを防ぐことができるため、いびきの軽減につながるということなんです。

カラオケで高音が出やすくなるのは猫背の人より姿勢の正しい人の方が出やすい結果があるように、いびきも呼吸をしやすい寝姿勢にすることでいびきの解消につながるということです。

また、太っている人や扁桃腺が大きい人も横向きで寝ることで気道が広くなりやすいので横向きで寝るのをおススメします。

横向き寝のメリットその2  内臓に負担がかからない

横向きで寝ると、食事をした後の消化がスムーズになり、内臓に負担をかからないと言われています。

細かくいえば、右側を下にして睡眠をとると食べ物が胃から腸へとスムーズに流れていくようになるので消化しやすいそうです。

また、横向きでは肝臓が心臓や胃を圧迫しないので内臓に負担をかけないもの良いとされています。

お腹の大きい妊婦さんは仰向けで寝るより横向きで寝た方が内臓を圧迫しないので横向き寝が推奨されています。

横向き寝のメリットその3  腰痛が緩和される

腰に痛みがある方も横向きがおすすめです。

枕の高さがあわなかったり、マットレスが柔らかいと仰向けにねると腰に負担がかかりやすくなります。

その一方で、横向きに寝ると腰の角度を自分のさじ加減で自由に調整できるし、一番楽な姿勢を作ることも可能です。

まとめ

このように横向き寝にはメリットがいつくかあることが分かりました。
体にも負担をかけにくく、結果的に深い睡眠に入ることができるというわけです。

とはいっても、自分に合った寝具を使わないと横向き寝のメリットも生まれないので注意が必要です。

横向き寝の効果を最大限に発揮させるような寝具を選ぶことをおすすめします。